生誕1250年 弘法大師・空海とは?

  • 2023/1/7
  • 生誕1250年 弘法大師・空海とは? はコメントを受け付けていません

2023年がスタートしました。
今年は、どんな一年になるのでしょうか。

今年、神社やお寺にお参りに行くのであれば、弘法大師・空海さまに注目です!

なぜならば、2023年は弘法大師・空海さまが生誕して1250年にあたる年のだとか。
各地で、さまざまな催しや企画が開催されるようですが、空海さまにアンテナを伸ばしてお参りしてみると、いつもとは違う発見ができるかもしれません。

今回は、そんな知っているようで知らない、弘法大師・空海さまについてまとめてみます。

そもそも、「空海」は誰なのか?

まずは、空海さまがどんな人なのかについて見ていきましょう。

空海さまは、真言宗の開祖であり、諡号(死後に賜る名)を弘法大師(こうぼうだいし)といいます。
 俗名を佐伯(さえき)、幼名は真魚( 眞魚、まお)
「空海」というのは、修行した後に名乗るようになった名です。

昔の僧侶ということはわかっているけど、空海はいつの時代の人なのか。
伝承では、774年に生まれた平安時代初期の僧侶であると伝わっています。
ちなみに、誕生日は6月15日であると真言宗では伝わっていますが、実際には不詳だという説も。
そして、2023年が生誕1250年の年にあたるということで、今年注目を集めています。

聖人としての印象しかないのですが、しっかり人の子として育ってきた空海さま。
生まれは讃岐(現在の香川県)であるという説が残っているそうです。

父は官人である佐伯 田公(さえき の たぎみ)
母は、飛鳥時代に天武天皇に仕え、壬申の乱でも活躍したという安斗 智徳(あと の ちとこ)の娘であり、名前は不詳とされつつも「玉依御前」という説も。
また、安斗 智徳の子である儒学者・阿刀 大足(あと の おおたり)から論語をはじめとする学問を学び、その後大学寮に入ります。しかし、その勉強だけでは飽き足らず、19歳頃から山林で修行に入るようになったと伝わっています。

お坊さんのイメージしかない空海さまですが、なんと意外にも家庭環境に恵まれたサラブレッドだったようです。

留学生として唐へ!その後、真言密教を確立

山岳修行を経て、得度したのは20代になってからとされていますが、
これもいろいろな説があるようです。

その説の一つが、なんと20代ではなく31歳の時に東大寺戒壇院で得度したというもの。
この年、空海さまは遣唐使の留学生として唐に渡っています。
そして、この時同じく船団として唐に渡ったのが、天台宗の開祖である最澄さまだといわれています。

唐に到着した空海さまは、長安にて密教を学ぶのに必要な言葉や知識を学んだ後、青龍寺の恵果阿闍梨から密教の奥義について学びます。
恵果和尚さまは、空海さまを一目見て「十分に修行を積んでいる僧である」と見抜き、すぐに奥義の伝授を開始し、空海さまは約半年間の師事を受けたといいます。日頃から、しっかり努力することが大事だと思い知らされるエピソードですね…。

空海さまは、それにより遍照金剛(へんじょうこんごう)の灌頂名を授かります。
「この世の一切を遍く照らす最上の者」という意味です。

その後、33歳で帰国した空海さまは真言宗を確立していくことになるのです。

人々に「学び」と「救い」を与えるために

日本へ戻った空海さまは810年(弘仁元年)、嵯峨天皇から真言宗開創の許しを得ます。
そして、修行の場として賜ったのが高野山です。
さらに、823年(弘仁14年)には、嵯峨天皇から京都の東寺も賜ることになりました。

その後もアクティブに活動をする空海さま。
学びの重要性を説き、教育施設「綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)」を設立。
また、悩み苦しむ人々の救いになるようにと、ご利益を与える「四国八十八カ所」の開創にも尽力しました。

空海さまの功績の全ては、なかなか簡単に書けるものではありません。
現在も、全国各地でその功績を示す軌跡の数々を見ることができます。

中には、弘法大師は何人もいたのではないかという説も囁かれるほどです。
実際は、どうだったのでしょうか…。
弘法大師・空海という名が、それだけ多くの人々を救ってきた証なのかもしれません。

さまざまな功績を残した空海さまは、835(承和2年)に62歳で高野山に入定したと伝わっています。
今でも、空海さまは高野山にて、世の平和を願っているといわれています。

各地に残る、弘法大師の軌跡に足を運んでみよう

ここまで、弘法大師・空海さまの一生を追いかけてみました。
知っているようで知らない弘法大師さまの物語。
気になるエピソードは、まだまだ山のようにあります。

その物語の一つひとつがミステリアスで神秘的。
生誕1250年を迎える今年、その軌跡を辿ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. あん・はなが提案する、参拝上級者への道! 神社やお寺でお参りをする前に、水で身も心も清めるよ…
  2. あん・はなが提案する、参拝上級者への道! 神社への参拝、お寺での拝観の際に、靴を脱いで社殿・…
  3. 2022年3月OPEN! 神社仏閣情報ショップ「あん・はな」 奈良県生駒市に、神社仏閣情報シ…
掲載テーマについて
まずは、アンケートにご協力ください!
ページ上部へ戻る